結婚相談所にはろくな女がいないって本当?ヤバイ女たち

「結婚相談所にはろくな女がいない」
「やばい女ばかり」という男性たちがいるのですが、女性からしたらとても失礼な話です。

しかし、こんなふうに男性に言われてしまうのには理由があるので、「そんな人はいません!」と否定できないのが悔しいところ。

実際にヤバイのは、気が付かないうちにヤバくなってしまった女性たちです。「私は大丈夫!」って思っていたとしても、男性から見たらけっこうあやしいかもしれません。

婚活している女性必見。「こんなヤバイ女がいた!」という男性たちの声から、ヤバイ女の特徴を集めてみました。

あなたはヤバイ女になっていませんか?ここでチェックしてみてくださいね。

ヤバイ婚活女子の特徴

本当にヤバイ女は、自分では気が付きません。実際にヤバイ婚活女子に出会ってしまった男性たちに、どんな女性をヤバイと思ったのか聞いてまとめてみました。

誰も興味ありません 自分の理想を語り続ける女性

結婚相手への希望は誰もが持っているものです。年収や職業などの条件への希望もあれば、結婚したあとの生活スタイルや、人生設計などを考えたときに、「こうなるといいな」という理想はもちろんあるものだと思います。
しかし、婚活で出会った男性を前にして、自分の理想を延々と語り続けるのは自分のことしか考えていないおしゃべりです。

自分の理想をおしゃべりする側は楽しいかもしれませんが、聞かされる側にとってはつまらない話です。そんな話に付き合わされるのは苦痛でしかないですね。

 

今は売れ残り!モテるアピールが激しい女性

「学生時代は男性に人気だった」「交際相手に困ったことがない」など、過去にけっこうモテた経験があると、当時も今も何も変わっていないつもりで「自分はモテる!」とアピールしたがる女性がいます。
過去と今を比べたら、必ず変化しているはず。なので、現実を自覚できていないだけなのです。

本当に男性からモテる女性であれば、婚活しなくても相手がみつかっているはず。自分が売れ残っていることに気がついていないのが痛々しいですね。

 

デートにスッピンで来るな!自分磨きを忘れてしまった女性

化粧もせず、すっぴんでデートに出かける女性がいるって信じられます?素肌自慢の女性はすっぴんでも充分に綺麗だと自負しているのかもしれませんが、男性からすると、デートにすっぴんで来る女性にはがっかりします。
化粧をしないのはただの手抜きで、ずぼらな性格だと思われてしまいます。

さらに化粧だけでなく、服装も手を抜いてはダメです。女性らしくて自分に似合うおしゃれを楽しみながら、自分を磨く努力をしている女性の方が、男性には魅力的に見えていますよ。

 

情緒不安定?すぐキレる女性

一緒にいる相手が、何かに怒って態度がとげとげしくなるのを見る瞬間は、決して気分のいいことではありません。自分勝手に怒ってすぐにキレてしまう女性と一緒にいるのは楽しくないですね。
女性にはホルモンバランスの変化や毎月の周期などがあり、時期によっては気分の浮き沈みが激しくなってしまう人もいるでしょう。

女性にとっては避けられないこととはいえ、女性ならではの事情を男性に理解してもらうのは難しいことです。ただ「情緒が不安定な女性とは付き合いにくい」と思われてしまいます。

 

男性にばかり求めるクレクレ女性

交際中は、二人で相談しながら決めていく場面がありますよね。
たとえば、デートの行き先をどこにするのか、食事するお店を選ぶのも、お店を予約する段取りからデート代の支払いまで、さまざまな機会があります。すべての場面で男性に求めてばかりの女性はいませんか?

「デートなんだから、男性がお店を探してくれて、予約してくれるべき。デート代も支払ってくれるでしょ。」と当たり前のように思っているとしたら、男性は嫌になって逃げていきますよ。交際が長続きすることはないでしょう。

 

否定か愚痴ばかりな女性

楽しく会話したいのに、相手が愚痴ばかり言っていたり、誰かを否定したり、何かに文句をつけるような話が続くと、全く楽しくありません。
こうした会話を普段からしている女性は、気がつかないまま男性の前でもやってしまいます。きっと、日頃から不満がたまりやすく、物事の捉え方にネガティブな傾向を持っている女性なのだと思います。男性に「これからも一緒にいたい」など、嬉しい言葉を言ってもらえることはないでしょう。

 

リードを求める割には、自分はまったく喋らない女性

「男性にリードしてほしい」と期待する女性が多いですね。会話の場面では、話題を出したり質問を投げかけたりするのも、会話を盛り上げるのも、男性に期待していませんか。
しかし男性ががんばって、女性に質問したり会話を盛り上げようとしても、その言葉を無視するかのように、自分からはまったくしゃべらない女性がいます。

自分では努力せずに男性任せにしておきながら、後から「つまらなかった」と言うような女性の態度は好ましいものではありません。相手の男性には性格が悪い女だと思われています。

 

プライドだけはやたら高い女性

相手からアプローチされるのを待つだけで、ただ受け身で婚活している女性は、自分のプライドを守りたがる傾向があります。

自分から誘ったり行動を起こすような積極性がないのも、婚活が進展しない理由のひとつなのですが、自分の否を認めず、婚活がうまくいかないのを男性のせいにします。

いつまでたってもうまくいきませんし、男性から嫌われるタイプです。

 

お前も変だよ!男性を見下している女性

心の中で相手を見下していると、行動や言葉ににじみ出てしまいます。本人にとっては相手を見て上か下かを判断して接するのが当たり前ですが、相手に上下をつける態度は、周りの人にはとても高慢に見えます。

高慢で人を見下す接し方は、見ていて気持ちよいものではなく、共感してくれる人はほとんどいません。大多数の人達からすると、まともな感覚がなく、ずれたおかしな人だと思われるでしょう。

 

男性からはバカにされてるヤバイ女になるな!

ヤバイ女が本当にヤバイのは、”本人には自覚がない”ことです。

ヤバイ女だと気が付くのは遭遇してしまった男性達のほうですから、「あいつはマジでヤバイやつだった」などの会話が展開されていることは想像出来ると思いますが、もう完全にバカにされていますよ。

もし、ここでご紹介したヤバイ女の特徴に心当たりがあったら、この4つを参考にしてください。今すぐヤバイ女から脱出しましょう!

 

客観的に見てまともな条件にする

相手の条件を高望みしていると、婚活そのものがうまくいかないのはもちろんですが、出会った相手のことを愚痴ったり見下したりなどしがちになり、ヤバイ女のパターンに陥ってしまいます。

自分のことを客観的に見て、自分と釣り合いのとれた、まともな条件を掲げて婚活していきましょう。

 

ありのままでは誰も認めてくれない!女性も自分磨きは必須

ありのままの自分を認めてくれる相手を探そうとするのは、自己中心的な考え方の婚活です。

婚活は、異性との人間関係を深めていく過程です。お互いが歩み寄り、変わる努力がないと結婚は叶いません。

今のままの自分ではいい出会いがなく、出会っても交際が発展しないのであれば、今の状況に変化を起こしてみましょう。きっと、結果も変わると思います。

その変化は、内面も外面も同様です。女性は自分磨きを忘れず、今の自分に外面からも良い変化を起こしていけるよう努力しましょう。

 

男性に対しても常に謙虚さは必要

人と謙虚に接する姿勢が、自然と身についている人もいれば、意識しないとできない人もいます。

いずれにしても、接する相手が異性となると、どちらが上か下か、先か後かなど駆け引きをしてしまいがち。これでは婚活は決してうまくいきません。

相手のことを大切にできない人が、相手から大切にしてもらえるわけがありません。婚活は、相手との人間関係が土台となりますから、出会う男性に対して謙虚に接する姿勢が必要ですよ。

 

婚活=恋愛ではない現実を知る

婚活は恋愛とは違って楽しいだけの関係ではなく、もっと深い人間関係をお互いの協力で築いていくものです。

結婚相手として信頼してもらい、認め合っていけるかどうかは、最終的には人柄で決まります。

男性にヤバイ女と思われてしまう考え方や行動をしていては、結婚相手として認めてもらうことはできませんから、恋愛と婚活は違うものと心得て、婚活をがんばっていきましょう。

 

まとめ 35歳超えたら自分の要望ばかりではダメ!

今日のブログでは、ちょっと厳しい言葉をお伝えしてしまったかもしれません。「もしかして、自分のことかも?」と、ドキッとした人もいたのではないでしょうか。

婚活がうまくいくためには、知っておいたほうがいいこともあります。ですからあえて言いますが、女性は特に35歳を超えたら、自分の要望ばかりを言っていては本当にダメなんです。

30代前半や20代で婚活する女性達が増えている中で、要望ばかり言う女は男性からわがままだと思われてしまうから。

婚活には、自分にも相手にも謙虚に向き合う姿勢が必要だということを、忘れないでくださいね。